FC2ブログ

記事一覧

平成26年8月15日(その2)

清水トンネル、群馬県側、手前は第二湯檜曽川橋梁が見える。土合駅で結構ハイカーが降りた。第一湯檜曽川橋梁を車窓から撮るべく、向かって右側の席を探し、前の車両まで探しに行ったが、結局なかった。第一湯檜曽川橋梁をループ線上から撮る。窓は曇っているのか、窓が汚れているのか外がよくわからず、窓を開けることができそうなところもなかったためこんな写真に。今からあそこまで一回りして下りていく。下りてきたところ。架...

続きを読む

猪谷川橋梁

 富山駅、猪谷川橋梁の最寄り駅の猪谷駅まで高山本線で向かう。1354発普通の猪谷行に乗車。キハ120系2両編成。結構な乗車客である。最後尾に陣取り、新神通川橋梁を撮影すべく発車時間を待った。新神通川橋梁単線曲弦プラットトラス(ピン結合)シュウェドラートラスの6連である。 なんと!ここでトラブル発生!カメラの電池切れ!とっさに思考が頭を駆け巡った。電池切れのまま、猪谷にいって猪谷川橋梁の撮影はどうするのか、携...

続きを読む

宇奈月川橋梁

宇奈月に着くと、総合案内所で山彦橋の撮影ポイントを聞くと、お兄さんが、近くまで案内してくれるという。お兄さんに、「ここは観光地としては完成していますね」というと、「そうなんです年々観光客は減っているんですよ」とのこと。観光地としてはよく整備されておりどこもいたせりつくせりであった。サンダルでも行けるという安心感が秘境感を薄くしているのかもしれない。お兄さんがいうには旧山彦橋からよく撮れますとのこと...

続きを読む

小黒部橋

欅平行の列車は、第40号トンネルを抜けると小黒部谷(こくろべだに)を渡る。小黒部橋形式は、上路平行弦プラットトラスらしい。橋長:54M川面が澄んでてすごく綺麗。欅平に向かって右側には、治山ダムが見える。小黒部谷は、祖母谷、不帰谷の3ヶ所と合わせて「黒部三大崩れ」と呼ばれている。黒部川は集中豪雨による洪水や土砂災害を引き起こす暴れ川として治山事業が今でも続いており、上流には第1号砂防ダムが完成しており、...

続きを読む

鐘釣橋と錦繍関

猫又駅を出てしばらくすると、前方に釣鐘型の特徴的な東鐘釣山が迫ってくる。列車はその山を貫く第30号トンネル、延長430mを抜けると鐘釣橋を渡る。この景色は欅平に向かって右側鐘釣橋周辺は紅葉の名所として知られ、周辺の山々が刺繍を施したかの様に色とりどりになることから、一帯は「錦繍関」と名づけられた景勝地。今回は夏なので緑の山々。鐘釣橋開通年月日:1930(昭和5)年.8月橋長:85m形式:2ヒンジスパンドレルブレース...

続きを読む

プロフィール

探見事務所

Author:探見事務所
それがそこに存在している

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Photo

写真素材のピクスタ

Fotolia

写真素材-フォトライブラリー