FC2ブログ

記事一覧

安家川橋梁(三陸鉄道北アリス線)

今回から、東北地方にうつります。まず、最初は、安家川橋梁(三陸鉄道北アリス線)。http://www.geocities.jp/kantentomaccha/index.htmlハウトラスとは、斜材を橋の中心に向かって「ハ」の字に配置したもので、垂直材に引張力、斜材に圧縮力が生じます。木製トラスや上路PCトラスに用いられるのみです。...

続きを読む

黒滝山トンネル(伯備線)

伯備線、備中神代-布原黒滝山トンネルは延長205m、トンネルを抜けたところに備中神代駅がある。岡山県道8号線は備中神代駅構内である黒滝踏切を横切る。そのまま県道を進むと、山の中腹に上がり、途中で山を下りると、布原駅。...

続きを読む

徳佐川橋梁(山口線)

徳佐川橋梁は徳佐-船平山間の沖田川に架かっている。大正11年に開通し橋長は15.24m、形式は上路格桁。ラティス桁ともいい、特徴として山形鋼を格子状に組み合わせて上路プレートガーダーのような構造。鉄材の節減を目的としているが、数例の現用が確認されているのみで極めて珍しい桁。上から覗いてみる。歴史的鋼橋 G2-011 徳佐川橋梁http://library.jsce.or.jp/jscelib/committee/2003/bridge/G2-011.htm...

続きを読む

御床川橋(山陽自動車道)

山陽自動車道は山陽地方を東西に貫く高速道路であり、内陸寄りに建設されているため海の見える区間は少なく、並行する中国自動車道に比べ急勾配、急カーブは緩和されているが、山間部は暴風壁付高架橋や長大トンネルが連続している。支承御床川橋は岩国I.Cと玖珂I.C間に架かり、形式は鋼5径間連続トラス桁橋。 ...

続きを読む

長門本山駅(小野田線(本山支線))

雀田駅 - 長門本山駅間の支線は通称本山支線もしくは本山線と呼ばれ、全線単線、列車交換駅はない。元々は石炭輸送のために敷設。当時は、海まで線路が敷かれていた。本山炭鉱の坑道は沖合3キロメートル、最深部約200m、総延長約19キロに及んでいた。長門本山駅は支線の終着駅で本数は朝夕しか設定がない。平成15年3月まで旧国電が走ってた。...

続きを読む

旧名寄本線(キマロキ編成)

 キマロキ編成とは、かつて豪雪地帯に運用された雪かき車のことで、現在は名寄市北国博物館前の旧名寄本線上に編成状態で静態保存されています。 除雪により雪壁が高くなると、除雪効果が薄くなるので、その雪壁を崩し、線路から離れた場所に投雪することが目的でした。 「キ」:機関車、「マ」:雪壁を崩し、雪を線路上にかき集めるマックレー車、「ロ」:かき集められた雪を遠方に投げ飛ばすロータリー車、頭文字からキマロキ...

続きを読む

備後落合駅(芸備線)

広島県庄原市西城町八鳥芸備線は新見市の備中神代から広島駅まで、中国山地の背骨を走っています。運行系統は備後落合と三次で別れている。主に1番線:木次線、2番線:芸備線三次方面、3番線:芸備線新見方面。広島方かつては急行「ちどり」などの優等列車の機関車付け替え・分割併合・スイッチバックなど、運転上重要なターミナル駅であったことから多くの職員がいた。...

続きを読む

三井野峠(木次線)

木次線は、松江市の宍道駅-庄原市の備後落合駅を結ぶ、陰陽連絡線の一躍を担っていましたが、モータリゼーションの隆盛に押され、1990年代以降その役割は終わった。出雲坂根-三井野間は奥出雲の最奥部とあって地勢は厳しく、3段スイッチバック、30‰勾配で克服。かつては、急行ちどり等優等列車が駆け抜けた。...

続きを読む

下松駅(甲種回送)

山口県下松市大字西豊井下り本線は1番線、上り本線は3番線、2番線は上下共用の待避線(中線)日立製作所笠戸事業所への専用線が敷設されており、甲種鉄道車両輸送列車の始発駅。日立製作所笠度事業所からきた列車は、2番線に入線機関車切り離しあとの下関方窓の張り紙下り本線上でスイッチバック下り本線を使って機回し東京方にはビニールカバー東京方に連結出発をまつ...

続きを読む

日立製作所(甲種回送)

下松駅の広島方から日立製作所笠戸事業所への専用線が敷設されており、新造鉄道車両(新幹線は海上輸送)搬出のために使用。日立製作所構内から広島方の踏切の手前までスイッチャーで牽引し、JR貨物の電気機関車に交換。 東京メトロ10000系...

続きを読む

防府貨物駅(山陽本線)

富海-防府昭和61年、防府駅高架化により、その貨物取扱業務を分離する形で開業。平成10年に貨物列車の発着が廃止、自動車代行駅となり、現在は防府貨物オフレールステーションとして営業。新南陽駅との間に1日3往復のトラック便が運行。...

続きを読む

徳山駅(山陽本線)

山口県周南市御幸通二丁目にある3面5線(在来線)の地平ホーム。ホームのない中線(2番線)があり、貨物停止線・通過列車待避線として使われ、3番のりばは基本的に岩徳線列車の折り返しに使われる。平成21年3月8日撮影 寝台特急富士...

続きを読む

久井原瀬野川橋梁(山陽本線)

八本松駅-瀬野駅間(通称セノハチ・西の箱根)には、22.6‰の急片勾配が連続し、上り列車には補助機関車(補機)を連結してこの難所を越えている。本橋は、瀬野川と国道2号線に架かっている。...

続きを読む

重安駅(美祢線)

山口県美祢市大嶺町北分字山崎構内にホッパー施設ホッパー内専用貨物列車が宇部岬との間で運行されていたが、平成21年10月18日に廃止。駅舎直結の1番線(乗降用としては使われていない)と島式ホーム1面2線の構造。最盛期には、急行さんべ等優等列車が走ってたが、今ではキハ120系が行きかうのみ。...

続きを読む

第5長走橋梁(錦川鉄道)

岩国市美川町根笠錦川第二発電所は、昭和二年に竣工NT3003 こもれび号「森林のグリーン」~清流に棲むカワセミ~...

続きを読む

第二保木橋梁(錦川鉄道)

第二保木橋梁は、守内かさ神駅-南河内駅間に架かっている。岩日線(現錦川鉄道)は山陽本線の岩国駅と山口線の日原駅までを結ぶ陰陽連絡鉄道の一つとして建設されましたが、途中の錦町駅まで開通し昭和62年に錦川鉄道に移管された。...

続きを読む

下関駅(山陽本線)

本州の最西端・下関市の中心駅当駅より本州側の神戸駅までがJR西日本、九州側の当駅 - 門司駅間の1駅間がJR九州の管轄下関駅の三角屋根は、平成18年1月に発生した下関駅放火事件により焼失かつては長大編成の優等列車が数多く発着していたためホーム有効長は長く、レール造りの長い屋根、テルハの痕跡が全盛期を偲ばせる。タイル張りの洗面所...

続きを読む

竹崎架道橋(山陽本線)

この架道橋は下関駅の幡生よりにある。山陽本線と直交する形で国道9号線が通っており、高架下そばの下関駅西口交差点が国道9号の終点となっている。国道の歩道部分の支間は3M50、車道部分の支間は19M20。西の金太郎が関門鉄道トンネルに挑む。...

続きを読む

関門鉄道トンネル(山陽本線)

下関駅 - 門司駅間にある海底トンネルで、関門海峡を横断する陸上交通機関では最も古い存在であり、世界初の海底鉄道トンネル。 海水の漏水の連続で工事は困難を極め、32名の殉職者を出し、上下線の間に植えられた樹木の下に関門鉄道トンネルの慰霊碑があるが、一般の人は線路間に立ち入ることはできない。昭和28年6月28日にトンネルが集中豪雨により水没したため、これを機に両岸坑口に防水扉が設置...

続きを読む

足見陸橋(旧伯備線)

伯備線は、1972年の新幹線岡山開業により、米子・松江方面への短絡ルートとして重要路線だが、単線区間や急カーブも随所に残っている。井倉-石蟹間は高梁川が大きく蛇行し、線路は川に沿って建設足見陸橋は断崖下を対岸に渡らずにガーダー橋で進む。...

続きを読む

第一阿武川橋梁(山口線)

山口線は、中国山地西部、山口県中部から島根県西端にかけての地域を北東から南西に横断する陰陽連絡路線。第一阿武川橋梁は、長門峡駅-渡川駅間に架かり、形式はプレートガーダー...

続きを読む

篠目駅(山口線)

山口県山口市阿東篠目字細野島式ホーム1面2線で交換設備を有する地上駅大正6年に開業現在も蒸気機関車時代の赤煉瓦の給水塔が残されているSLやまぐち号も停車。地元やファンの要望により昭和54年8月1日からC57形蒸気機関車牽引の「SLやまぐち号」の運転が開始された。...

続きを読む

川西駅(岩徳線・錦川鉄道)

山口県岩国市川西二丁目錦川鉄道(旧岩日線)の起点駅だが、施設上の分岐点は1.9km先にある森ヶ原信号場。駅の下には、欽明路道路(国道2号線バイパス)が通っている。...

続きを読む

厚東川橋梁(宇部線)

宇部-岩鼻平成21年10月18日限りで、美祢・宇部線石灰石貨物列車は、貨車の老朽化により廃止になった。美祢線重安駅から宇部線宇部岬駅まで、運転されていた。今では旅客列車が行き交うのみ。...

続きを読む

大島大橋(国道437号)

山口県柳井市と周防大島町間の大畠瀬戸に架かる全長1,020mの3径間トラス橋...

続きを読む

井口電停(広島電鉄宮島線)

広島県広島市西区井口二丁目井口電停上りホームには高床ホームが残っている。踏切事故多発地点。 大正13年4月6日 井ノ口として開業変則相対式2面2線のホーム山側から山陽本線、広島電鉄、宮島街道(国道2号線)が並んでいる。...

続きを読む

原爆ドーム前電停(広島電鉄)

広島市中区基町にある大正元年11月23日竣工昭和49年12月16日原爆ドーム前に改称様々な国籍の人が利用するため、英語で「Atomic Bomb Dome」と原爆ドームの英語名が車内放送される。世界遺産・原爆ドーム、平和記念公園およびプロ野球広島東洋カープの本拠地・広島市民球場の最寄の電停...

続きを読む