FC2ブログ

記事一覧

徳佐川橋梁(山口線)

徳佐川橋梁は徳佐-船平山間の沖田川に架かっている。
大正11年に開通し橋長は15.24m、形式は上路格桁。
310.jpg


ラティス桁ともいい、特徴として山形鋼を格子状に組み合わせて上路プレートガーダーのような構造。
鉄材の節減を目的としているが、数例の現用が確認されているのみで極めて珍しい桁。
312.jpg


上から覗いてみる。
311.jpg
歴史的鋼橋 G2-011 徳佐川橋梁
http://library.jsce.or.jp/jscelib/committee/2003/bridge/G2-011.htm
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

探見事務所

Author:探見事務所
それがそこに存在している

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Photo

写真素材のピクスタ

Fotolia

写真素材-フォトライブラリー