FC2ブログ

記事一覧

新魚津駅

富山駅前のホテルで1泊し、富山発546発のため、4時半に起床し朝風呂に入った。5時過ぎにチェックアウトし、フロントには鍵付きの郵便受けがあり、そこに鍵を入れた。昨晩の2人組の女性登山客もエレベーターで偶然居合わせて会話をすることもなく一緒にでた。5時半に電鉄富山を出発する地鉄もあったが、魚津で結局一緒の電車に乗るため、JRで魚津に行くことにした。

5_20150805140508c0c.jpg
ホームに行くと、直江津行の青色の413系が入線していた。しばらくのちドアがあき、向かって左側の座席に着いた。朝一番列車は快調にとばし、滑川で地鉄が並行するようになる。

3_20150422151312f92.jpg
地鉄のホームは短い。魚津に609に到着。帰りの地鉄から北陸本線への乗り換えが5分しかないため、乗り換え経路を確認。JRの改札を出て左手の地下道を行くと地鉄の新魚津の改札に出る。

1_201504221513079cc.jpg
宇奈月温泉まで930円だったが、駅員はまだいなかった。新魚津の駅で、JR魚津駅を見てると昔ながらに駅が長い。一折撮影すると、回送のスノーラビットが通過。

2_2015042215130941c.jpg
626発の旧京阪電車がホーム入ってきた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

探見事務所

Author:探見事務所
それがそこに存在している

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Photo

写真素材のピクスタ

Fotolia

写真素材-フォトライブラリー