FC2ブログ

記事一覧

2枚目の名刺を持とう!(「自分のやりたいこと」「自分の挑戦したいこと」を行うこと)

私は、飽きっぽい性格なのか、あれもこれもやりたくなります。
名刺も収入源に応じて増減したりします。

皆さんの周りにも、本業とは別の肩書の名刺を持っている人が多くなってはいませんか?

昨今、複数の名刺を持つことがスタンダードになりつつあるそうです。
本業に邁進しながら、それとは別の活動に参加して、両者の相乗効果に生きがいを実感できるワークスタイルが若年世代を中心に広まっています。


「人生が変わる2枚目の名刺」というビジネス書には、「2枚目の名刺」を持つことを推奨しています。
すなわち、現在勤務している会社での肩書をつけた名刺のほかに、自分の好きなことや得意なことで「2枚目の名刺」をつくって自分らしい働き方を実践しましょう、というメッセージです。
自らの意思で選択した「ライフワーク」を妥協せずにやるライフワークこそが、本業ともう1つの活動の両立です。

本業以外の働き方を持つことを「パラレルキャリア」といいます。


「パラレル(並行)キャリア」とは、端的に言えば本業と同時並行して他の仕事を手がけたり、非営利活動などに参加することを指した新しいライフスタイルのことです。
パラレルキャリアは、目的が報酬だけではないため、いわゆる「副業」よりももう少し大きな概念となります。
自身のスキル向上や使命と感じられるような活動に取り組むことも含まれています。

なぜ「パラレルキャリア」なのか?
その社会的背景には経済環境や雇用環境の変化があります。
仕事中心の価値観が崩れ、好きなことを仕事にしたい、楽しい生活を送りたいなど、仕事や働き方、生き方に対する意識が大きく変わりつつあります。
働くことの価値が、いかに自分を磨き、心を幸福にし、社会に貢献できるかという軸へとシフトしているのです。

パラレルキャリアは、1つの組織に依存しません。依存しないということは、主導権を自分が持つということですから、惰性で今の働き方を継続することはありません。
これからの社会に求められる人間のタイプは、

『自分に責任を持ち、特定の組織に依存しない人たち。そして、自分のキャリアは自分で決める人。』
「副業」や「起業」など一部の人達に支持されるようなものではなく、「パラレルキャリア」は広く大きく一般に広がります。つまり、いくつもの仕事を持つことがもはや普通となっていくのです。

「2つ目の名刺」を持つことで、世界が広がり、パラレルキャリアで知り合う人々は、1つめの名刺のビジネスの世界で付き合う人たちとは異なります。
ビジネスの世界とはかけ離れた、それまでの自分がまったく知らない世界観や価値観を見せてくれるのです。
これまでは会社の人間として評価されてきた人が、個人名で評価されることに。そこから新たな人間関係を構築できます。
本当に多様で、面白い方々と知り合うことができ、私の仕事や生活をより豊かなものにしてくれます。
これからやりたいことが決まっている方々は、それを実践し、周囲に伝えて仲間を増やしてけばよいのです。あとは行動あるのみです。


さらに、時間の使い方も変わります。
時間のマネジメントが重要であるからです。
『時間は最も希少な資源。時間をマネジメントできなければ何もマネジメントできない』。時間のマネジメントが小さなチャレンジを生み、あなたの人生を変えるかもしれないのです。

いまこそ、ひとつ“働き方”を変えてみませんか。
2つ以上のしごと、2つ以上の組織、2つ以上の肩書きを持つくらいの気持ちで働いてみる。そうしたら、きっと人生の景色は一変しますよ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

探見事務所

Author:探見事務所
それがそこに存在している

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Photo

写真素材のピクスタ

Fotolia

写真素材-フォトライブラリー